脳幹論 戸塚宏の教育理念

「青少年の問題行動は、脳幹の機能低下により引き起こされる」 ―――脳幹論


 私はオリンピックで通用するような一流のヨットマンを育てたくて、戸塚ヨットスクールを作りました。 1977年のことです。当初集まったのは、ごく普通の子供達です。

 あるとき、そこに一人の登校拒否児が紛れ込み、短期間の訓練で登校拒否が直ってしまいました。以来、私とスクールの運命は変わりました。噂を聞きつけ、登校拒否、非行、家庭内暴力の子などが全国から続々と入校するようになったのです。しかし、当時は「なぜヨットで問題児が直るのか」 という理由が、私にもよくわかりませんでした。

 その後、いわゆる”戸塚ヨットスクール事件”が起きて、私はコーチたちとともに逮捕され、3年間の勾留を余儀なくされました。この長い勾留生活のおかげで、それまでスクールで起こっていた様々な事象(顔の表情が良くなる、姿勢が良くなる、感情が安定する、アトピーが治る等々)を解明することができました。

  すなわち―――

   「青少年の問題行動は、脳幹の機能低下により引き起こされる」

              ―――という、脳幹論を確立できたのです。

 ”脳幹”とは、文字通り脳全体を支える幹の部分に相当します。生命を司る、最も原始的な脳です。現代っ子は、この大事な脳幹を刺激されないままに成長しています。そのため生命力が弱くなり、アトピーなどの現代病になります。また、弱い精神力ゆえに教育荒廃の原因となる問題行動へと走ります。
 逆に、この脳幹を強くすれば、人間が生まれながらに持っている 「種族保存の本能」にかなう行動をとるようになります。その正しい行動が「子供らしい子供」をつくり、正しい人間性の土台となっていくわけです。ヨットやウィンドサーフィンは、そうした訓練を安全に行うための手段にすぎません。

 「自分の子を自立させたい」と本当の親なら思うはずです。手元においてペットのように可愛がるだけでは、親失格。子供が一人で生きていけるようにできたとき、親としての務めが果たしたことになり、安堵できるのです。

 教育は科学的でなければいけません。誰がどこでやっても、同じ成果を出せなければだめです。その意味で、戸塚ヨットスクールがやっていることは、決して特別なことではありません。本当は誰にでもできることなのです。脳幹を鍛え、子供同士の世界で人間性を磨けば、子供は真に明るい表情となり、ひとみの輝く子供に成長してゆきます。

 それが大自然の摂理なのだということを、スクールを通り抜けていった七百余名の子供たちから私は学びました。

 小を忍ばざれば則ち大謀乱る

 トレーニングは苦しいに決まっている。だがそれは結果を出す為なのだ。不快感はその為にある。そして結果が出た時、快感が発生する。この快感が幸福だ。
幸福になる為には行動が必要である。行動させるのは不快感だ。質量ともに大きな不快感が質量ともに大きな幸福をもたらす。だから不快は善である。子供はその不快感を行動に変え幸福になる。子供の不快感を奪うのは子供の幸福を奪うのと同じ事なのだ。
 儒教でいう大・小は戦略・戦術の事。将来と今と言っても良い。冒頭の言葉の意味は、今の不快感を乗り越えなければ将来の目的は達成されず幸福になれない、という事だ。
いじめ・体罰・しごきの否定、叱るより褒めろ、とマスコミが喧伝する今の〝正しい〟教育では子供は進歩する能力を奪われ将来の幸福を奪われてします。
 朱子は言う。「小を忍ばざる」は、女の仁、匹夫の勇だと。子供の今を守ろうとするのは、女としては正しい事なのである。だから子供を甘やかし、不快感を取り除いてやる。しかし、男は子供の将来を考えなくては」ならない。子供の将来の為に不快感を発生させる。叱る、しごく、体罰を加える。子供同士でけんかをする、いじめる。子供はその不快感を乗り越え進歩する。一人前になる。だから教育は男の精神でやらねばならない。教育が崩壊したのは男が教育から逃げたからだ。何も知らない、何も出来ないマスゴミの言い分に平伏してしまった。マスゴミと日教組が教育崩壊の元凶だが、両者とも女におもねる事で勢力を伸ばして来た。その教育論が女の教育論になるのは当たり前の事だ。自分達の利益の為に日本の将来を潰そうとしている。そうなると自分達も瞑れるのに。まるで癌細胞だ。雌鶏時告げて国亡ぶ。
 私は女性蔑視主義者ではない。差別主義者ではある。男の仕事に女が口を出してはいけない。戦後教育は女が口を出したというよりは男が逃げたのだ。

 

 安詳恭敬あんしょうきょうけい

「小児を教うるには、まず安詳恭敬ならしむるを要す」(『小学』 外篇嘉言第五の1)


 儒教に書いてある教育論は、今の馬鹿げた教育論に較べて、非常に科学的です。性善説で出来ているからです。今の教育論が性悪説で出来ているから非科学なんだという事を忘れてはなりません。

 安は安定、詳は一所懸命。安定すれば一所懸命になれる。一所懸命に行動すれば進歩する。我々大人の側は、だから子供にまず安定する能力をつけてやればいい。更に安定も一所懸命も意志の強さが必要になる。意志が弱いと進歩しない。じゃあまずハードウェアとしての意志を強くしてやろう。それはどうしたらいいのか。ハードウェアの意志とは本能における意志の事だから本能そのものをトレーニングすればいい。さあ、どうすればいいのだろう。

 今、日本を動かしているのは欧米流の精神論である。欧米流の精神論には「進歩」という概念が無い。だから、この精神論から作られた教育論では子供は進歩しない。いつまでたっても赤ん坊状態が続く。良くて幼児だ。今の教育論では子供は進歩しないから教育の目的は達成できない。当然の如く、意志を強くする方法など分かりはしない。

 恭敬は進歩のモチベーションを作る。人間の価値には差がある。子供は正しく反省すれば己の価値が分かる。それに較べて大人の価値が高いのが分かる。自分の価値が低ければ進歩しようとする。わけの分からない平等主義は進歩のモチベーションを摘み取ってしまう。左翼は、そのままの自分でいる権利などとはやしたて、子供を進歩させまいとする。マスコミがそれに加担する。尾木ママと称する日教組あがりの教育評論家なる者を持ち上げ女を騙す。彼自身が教育荒廃の元凶なのに。

 進歩は人間の宿命だ。進歩しなければ人間にはなれない。ただのヒトにすぎない。文科省は子供を進歩させる責任があるのに進歩とは何かを知らない。進歩のメカニズムを知らない。知っていれば、体罰禁止、いじめの撲滅、自由だ、権利だ、個性を大切に、叱るより誉めろ。などのタワゴトは教育の世界に持ち込まない。

 教育荒廃の根本的な原因は、非科学的な欧米流の精神論を使う事にある。だから解決策は科学的精神論、大和魂に戻せばいいのだ。敗戦後、マッカーサーは精神論のクーデターを行った。クーデターは起こす側の利益の為に決まっている。それを日本の独立以降も守り続けた日本の指導者、権力者とは一体何なのだろう。その悪影響で教育が崩壊し、日本の将来が絶望的になって来たのにまだ気が付かない。

 進歩の能力は、幸福や希望の様な人間としては無くてはならない精神を作り出す。それ無しでは一生つまらぬ人生で終わってしまう。

 進歩の能力は本能の中にある。その能力を出来るだけ高めておけば幸福で希望に満ちた人生を送れる。能力を高める事が出来るのは幼児の頃であろう。ヨットスクールでは、それを目的として幼児合宿をはじめた。三歳~十歳の間にその能力を確立してしまおうとしている。ここを失敗すると子供は驕惰に壊了し(小学)てしまう。驕慢で怠け者になってしまう。今の子供の姿じゃないか。よってたかって甘やかしたからだ。

 小を忍ばざれば大謀乱る(論語)。子供の今に焦点をあて可愛がるのは、女の仁、であるが男がやると 匹夫の勇となる(朱子)。男は将来を見据えて子供に接しなければならない。教育は男の仕事なのだ。逃げてはならない。



   

Copyright 1998, Totsuka Junior Yacht School. All Rights Reserved